大阪市中央区北浜 坂田血管外科クリニック

お問い合わせ電話 06-6121-2368

アクセス

アクセス

お問い合わせ電話 06-6121-2368

現在、ほとんどお待たせせずに、初診の予約を入れることができます。

現在、ほとんどお待たせせずに、初診の予約を入れることができます。

Consultations in English are available. Please Call Dr. Sakata at 06-6121-2368.

Consultations in English are available. Please Call Dr. Sakata at 06-6121-2368.

坂田血管外科の実力~当院が選ばれる理由

お知らせ

2017/6/23
7月22日(土)の午後の診察は、休診とさせていただきます。ご了承下さい。
​尚、7月8月はカレンダー通りの診察(木・日・祝が休診)です。(特に夏季休業はございません)
よろしくお願い致します。
2016/11/8
【即日手術について】
当院では、初診の日に手術を行う、即日手術を行っています。
お仕事などで時間のない方や、付き添いの人が忙しい方など、即日手術をご希望の場合は、事前にお電話でご相談下さい。


即日手術の一日
[15:00]  来院、診察、超音波検査、血液検査、心電図、手術の説明
[15:40]  血液検査の結果待ち
[17:30~18:00] 手術
[18:30]  帰宅
2016/8/30
【初めて来られる方へ】
保険証をお持ち下さい。
お薬を飲まれている方は、お薬かお薬手帳もお持ち下さい。

Googleストリートビュー(インドアビュー)を
撮影しました。

画面をクリックすると院内をご覧いただけます。

メディア掲載

産経新聞 - 2014年5月30日
波長1470nmのレーザー光治療が健康保険適用 体への負担軽減
サンデー毎日 - 2014年5月25日
男性にも多く、重症化すると皮膚に潰瘍が…
海外雑誌 - 2013年12月20日
論文が、海外雑誌(Journal of vascular surgery)に掲載
産経新聞 - 2013年7月29日
足のむくみ、だるさ、こむら返り 筋肉ポンプの機能が低下
産経新聞 - 2012年12月3日
下肢静脈瘤 加齢や立ち仕事が主な要因
毎日新聞 - 2012年10月23日
下肢のだるさ、こむらがえり…下肢静脈瘤かもしれません
読売新聞 - 2011年12月26日
下肢静脈瘤 重症なら手術を
産経新聞
脚がだるい、むくむ、血管が浮く…「下肢静脈瘤」治療に大きな変化
産経新聞 - 2011年11月3日
下肢静脈瘤の原因と治療法

学会情報

第21回 近畿下肢静脈瘤研究会 - 2016年11月12日
特別講演で坂田院長が「下肢静脈瘤の治療歴21年で思うこと」について、講演を行いました。
第2回かもがわ Venous Forum - 2016年7月16日
当院の井上由美子看護師による「当院における下肢うっ滞性病変に対する治療説明および患者指導の取り組みの紹介」の発表
第9回日本静脈学会瀬戸内・西日本支部総会 - 2016年3月27日
当院の井上由美子看護師と坂田雅宏院長による「うっ滞性皮膚病変を伴った下肢静脈瘤に対する 2 Layer 圧迫療法の症例」の発表
第20回 近畿下肢静脈瘤研究会 - 2015年11月28日
当院の井上由美子看護師と坂田雅宏院長による「下肢静脈瘤日帰リセンター開設10年を振り返つて─半導体レーザーによる血管内焼灼術の成績―」の発表
日本脈管学会総会モーニングセミナー - 2014年10月31日
坂田雅宏院長による「下肢静脈瘤の新たな選択肢」の講演

健康保険適用の日帰り手術で治ります。

「第2回市民医療セミナー」来場者数756名(平成25年9月28日 ドーンセンター)

下肢静脈瘤とは、足の静脈に血が溜まって血管が膨らむ病気で、自然に治ることはなく、治療が遅れると重症化する恐れもあります。ですが専門医による適切な治療を受ければ、必ず治すことができます。

下肢静脈瘤のレーザー手術は平成23年から保険適用となり、患者様の負担が軽減されて安心して手術を受けていただけるようになりました。