下肢静脈瘤の治療 | 大阪市中央区北浜 坂田血管外科クリニック

お問い合わせ電話 06-6121-2368

アクセス

アクセス

お問い合わせ電話 06-6121-2368

トップページ > 下肢静脈瘤治療

下肢静脈瘤とは

正常静脈

下肢静脈瘤

原因

キリンはなぜ下肢静脈瘤にならないのか
足の長いキリンが静脈瘤にならないのは、強く弾力性のある皮膚で足が覆われていて、皮下静脈の膨張を防いでいるからです。

血管には、血液を体に送る動脈と使った血液を心臓に返す静脈があります。下肢静脈瘤は、静脈の調子が悪くなり瘤の様に拡張した病気です。動脈と違って静脈の中には、静脈弁と呼ばれる弁があり、静脈の中を流れる血液は、静脈弁の働きにより、心臓に向かって一方通行に流れます。また、下肢の静脈には、筋肉の中やもっと深いところ流れている深部静脈と、皮下の浅い所を流れている表在の静脈があります。表在の静脈のなかには、伏在静脈と呼ばれる太い静脈があります。

足の血液は、下腿の筋肉の収縮により深部静脈に搾り出され(歩いたり、走ったりするとき)深部静脈の弁の働きにより、一段一段階段を上るように心臓にかえって行きます。一方、表在の静脈は、皮膚や皮下の血液を集め、深部静脈に導く働きをしています。

下肢の静脈瘤は、伏在静脈の弁の働きが悪くなり、きっちりと閉まらないために血液が足先に向かって逆流するのが原因でおこります。静脈弁の障害の原因には、遺伝的素因、妊娠、生活習慣、立ち仕事などいろいろあり、特に年齢の要素が大きいです。

下腿の筋肉と深部静脈の働きにより、せっかく汲み上げられた血液が、弁不全のある静脈により足先に向かって逆流します。このために、足の筋肉は余分な仕事が増えます。逆流が少量の時には、下腿の筋肉は十分に対応できますが、静脈が拡張し逆流量が増加すると、対応ができなくなってきます。このような状態になると、足のだるさや夜間のこむら返りがおきます。うっ血のため、下腿の筋肉が腫脹し、足が腫れてきます。静脈瘤のある足では、下腿部の太さに左右差をよく認めます。下腿の筋肉が静脈逆流量の増加に十分対応できなくなると、下腿の皮膚炎や色素沈着をきたし、黒くなってきます。この状態が進めば、皮膚に潰瘍ができます。

検査

静脈瘤の原因となる静脈逆流を止めることが重要です。このためには、手術前に超音波検査を行い、静脈の逆流部位を正確に調べることが重要です。

超音波検査により、静脈逆流の状態や静脈瘤の分布を調べることができ、検査結果に従い、治療法を決定します。検査は、通常超音波装置を用います。当院では、最新で最高の機能を持つ東芝社製の超音波装置 XarioXG(1台), Aplio 400(1台)およびAplio 400 Platinum(1台)を導入しております。これらを用い、豊富な経験に裏打ちされた確かな手技で検査をおこないます。

検査時間は、約15分です。

治療法

静脈瘤の治療法には、弾性ストッキング着用による圧迫療法と、手術(レーザー手術、高周波カテーテル治療、静脈抜去術)硬化療法があり、全ての治療が当院で可能です。

1.弾性ストッキング着用

地球上で生活している以上、常に重力の影響を受けています。体重の60%が水で、体を包む皮膚はこの水を包む袋の働きもしています。重力の影響に対抗して体形を保つため、皮膚は重力スーツの働きをしています。水は低いほうに流れますが、体の水分も同様で、足にたまる傾向があります。弾性ストッキングをはくことにより下腿を圧迫し、重力スーツである下腿の皮膚を補強します。また、下腿を圧迫することにより、下腿の筋ポンプ作用を助けます。この作用により、下肢静脈瘤の症状である、むくみ、だるさ、こむら返りを軽減します。また、静脈瘤の進行を抑え、静脈瘤の予防効果が期待できます。しかし、弾性ストッキングを着用しているときだけ治療効果があり、静脈瘤を治癒させるまでの効果がないため、静脈瘤が非常に軽症で手術の必要の無い症例、手術後の再発予防によい効果があります。また、弾力ストッキング着用による圧迫療法は、術後の早期回復に効果があります。

2.日帰り手術

初診時に術前検査、手術、術後の治療を含めた治療の計画を立て(クリティカルパス)、それに従って治療を進めていきます。当院での手術は、全て日帰りです。

血管内焼灼術

静脈瘤の中に、光ファイバーまたは高周波カテーテルを挿入し、熱を加え静脈瘤の中から静脈瘤を焼灼します。光ファイバーは近赤外線、高周波は電気による熱を加える方式は異なりますが、両者の治療上の差はあまり差がありません。手術の操作は、ほぼすべて超音波の画像を見ながら行います。このため、最高の手術をするためには、最高の性能を持った機械が必要となります(東芝APLIO 400 Platinum)。
局所麻酔を行い、膝の内側からカテーテルを静脈内にいれ足の付け根まで(鼠蹊部)入れていきます。カテーテルは、約1.5mmと細いものです。静脈瘤の中にカテーテルを挿入したあと、静脈瘤の周囲に薄い局所麻酔液を、細い針(直径0.3~0.5mm)で注入していきます(TLA)。この麻酔液を注入することにより、静脈瘤の周りに水の筒ができるように丁寧に行っていきます。この水の筒により、静脈瘤が周りより圧迫され小さくなり焼きやくなります。この水の筒もう一つの大切な役割は、静脈瘤以外の皮膚や皮下脂肪、神経など静脈瘤の周りが焼けないように防波堤ととなり周囲を保護する働きがあります。焼灼や焼くなどの言葉が多く出てきて非常に痛そうに見えますが、このTLAのおかげで痛くないか、痛くても軽度ですからから、ご心配なく。
大腿部の静脈瘤の治療が終わると、次は、膝から下にうつります。私のこれまでの経験から、大腿部の手術のみでは、どうしても、手術のあと膝から下に静脈瘤が残ってしまいます。このため、膝から下の静脈瘤の処置も行います。静脈瘤切除術と呼ばれますが、当院では少し太めの(200㏄の献血の時の針と同じ太さ)はりを静脈瘤の上の皮膚にさし小さな針穴を作ります。その針孔から静脈瘤かぎ針のような道具を使用して取っていきます。針孔(1mm程度)の傷のため、治りも早く、きれいに治ります。
このようにして、静脈瘤を大腿部からひざ下までなくしていきます。術翌日包帯をはずしたあと、多少の皮下出血やしこりはありますが、おそらくは、何十年か前の静脈瘤のない足と久ぶりのご対面となるでしょう。その時のよく注意して、足の太さや形も見てください。おそらくは、一回りほっそりとしスタイルもよくなっていることに気が付くでしょう。静脈瘤のために、足のだるさ、腫れ、こむら返りがあったと思いますが、術後は、消失するか、非常に少なくなります。
ところで、静脈瘤といっても体の中にある血管であり、ほんとうに焼いたり、取っても大丈夫と心配になりませんか。結論から言うと大丈夫です。少し長くなりますが、説明してみます。
静脈の中には静脈弁という逆流防止弁があります。この弁の働きで、動脈から送られてきた血液は、静脈を通って心臓に帰ります。この時に逆流せず、心臓の方に向いて一方通行で血液を返すように、静脈弁が作用します。静脈瘤ではこの逆流防止弁である静脈弁が閉じなくなり血液は逆流し、余分な仕事がふえます。静脈は動脈と違って、網のように足を取り巻いています。このため、正常な静脈が、静脈瘤となった静脈の代わりをし、静脈瘤の仕事を代行します。しかし、静脈瘤が大きくなって静脈の逆流が増加すると、正常に働いている静脈が、静脈瘤の仕事の代わりができなくなり、静脈瘤の症状が出てきます。このため、静脈瘤をなくしてしまう手術をするのですが、静脈瘤は上の説明のように、働いておらず悪さをしている静脈瘤をなくすことで、代わりの静脈は既にあり、正常の静脈は仕事が減ります。静脈瘤の症状もなくなります。なかなか、わかりにくいと思いますので、わからなかった方は、受診の時に再度説明を、聞いてみください。
静脈瘤の治療の、もう一つの大切な効果があります。これは、気分が明るくなることです。大した病気ではありませんが、静脈瘤が気になる、足が重いだるい、夜中こむら返りをするなど、長年の懸案事項でもあり、知らずしらずのうちに気分が沈みがちになります。ほんの20~30分の手術で、この悩みから解放されます。静脈瘤で悩まれている方は、おもいきって受診されてはいかがでしょうか。

レーザー手術


この機器は、平成26年5月1日より保険適応になった、静脈瘤治療用半導体レーザー装置(インテグラル社製ELVeSレーザー1470)です。当院では1台を導入し、2Ring Radial Fiberと共に、治療に用いております。

静脈瘤治療用半導体レーザー装置「ELVeSレーザー」下肢静脈瘤の原因となっている静脈に、光ファイバーというレーザー光を通す細い管を入れ、その先端からレーザー光を照射して、発生した熱により静脈を内側から閉じるという治療(血管内レーザー治療といいます)を行う機器です。

今保険で治療を受けることができる機械には、ELVeSレーザー1470nm 2リングファイバー、ELVeSレーザー 980nm、LSOレーザー1470nm 1リングファイバーがあり、当院では、これらすべてを備え、症例により使い分けています。

利点は、からだにかかる負担が比較的少なく、穿刺による針穴のような傷で手術が行えます。広く行われているストリッピング術と同等の治療効果が得られること、麻酔は手術する範囲のみの麻酔(局所麻酔)で行えることで、手術後すぐに帰宅することも可能です。手術の必要な静脈瘤をほぼカバーできますが、非常に細かい静脈瘤や、蛇行や拡張の強い静脈瘤は治療ができないこともあります。

レーザー手術の診察・手術費用はこちら>>

高周波カテーテル治療


この機器は、平成26年6月1日より保険適応になった、高周波カテーテル治療装置 COVIDIEN社製 ClosureRFG™です。当院では、3台のClosureRFG™を導入し、COVIDIEN社製 カテーテル ClosureFast™(CF7-7-60, CF7-7-100)と共に、治療に用いております。

高周波を使用して治療をおこないます。高周波通電は聞き慣れない言葉ですが、これを使った一般の電化製品では電子レンジがあり、いろいろなところで非常に身近で使われています。また、同様の医療機器には電気メスがあり、ご存知のように広く手術につかわれています。高周波の機器は、血管の中にいれたカテーテルの先端から高周波を出し、発生した熱により静脈を閉じてしまうものです。侵襲が少なく、安全に静脈弁の壊れた静脈だけを血管の中より治療できます。

治療は、ひざの内側の少し上の皮膚に穿刺し(注射針と同様のやや太い針をさす)、下肢静脈瘤の原因となっている血管内に、金属が先端に付いたカテーテルというプラスチックの管を入れます。超音波診断装置によりカテーテルの先端を確認しながら、足の付け根の部分まで進めます。先端の金属部分を通電することにより、電極が当たっている血管壁が加熱されます。設定された温度で治療部位を20秒程度加熱し、静脈を閉塞させます。静脈を抜去する必要がなく、その場でカテーテルを用いて治療するため、手術する範囲のみの麻酔(神経ブロックと低濃度浸潤麻酔)で行うことができ、日帰り手術が可能です。

機器の本体部では、温度・治療経過時間および出力が表示され、治療中の状態を確認することが出来ます。本体には安全装置として、治療中の温度と高周波出力を監視し、設定範囲内から外れた場合は本体が判断し、自然に停止する安全設計になっています。

高周波カテーテル治療の診察・手術費用はこちら>>

ストリッピング術(静脈抜去術)

非常に細かい静脈瘤や、非常に蛇行や拡張の強い静脈瘤が良い適応です。静脈逆流をおこしている伏在静脈の根部を結紮切離します。そして、大腿部の静脈をとります(ストリッピング術)。膝から下は、静脈を結紮(糸でしばる)し切除します。

術前に、超音波検査にて、手術部位を正確に調べていますので、皮膚切開は、小さい傷ですみます。後でも説明しますが、麻酔に神経ブロック法を用いるため、手術後約2時間は足が麻酔されて十分に動きません。このため、3時間ベッド上での安静が必要です。ちょうど歯医者さんで、治療を受けたあと舌やあごが麻痺して、2~3時間くらい食べられないのと同様です。

麻酔が覚めると歩いて帰れます。手術の利点として、治療効果が長続きし静脈瘤の再発が少なくなります。若い方、立ち仕事の方、特に重篤な他の病気のない方が良い適応となります。

ストリッピング術(静脈抜去術)の診察・手術費用はこちら>>

3.硬化療法

硬化剤(ポリドカスクレロール*)を静脈瘤内に注射し固める(硬化)することにより、静脈瘤を治療します。硬化剤の注射後は、包帯で3日間しっかりと圧迫し、その後、弾性ストッキングの着用が必要です。静脈瘤のタイプや、静脈瘤の深さや太さにより、硬化剤の濃度や量や注入方法を決定する必要があり、経験が 重要です。これまで1000肢以上の豊富な経験があります。

*1960年に西ドイツのクロイッツアー社でつくられた薬品です。当初は局所麻酔薬として作られ、良好な麻酔効果が得られましたが、副作用として、炎症反応(赤く腫れる)が強く現れ、臨床使用ができませんでした。この強い炎症作用とこれ以外の副作用の少ない事、何より、麻酔の薬ですから注入時の痛みが無い事より、静脈瘤の硬化剤として再認識されました。現在、ヨーロッパを中心に広く世界中で使用されています。日本では2007年に保険承認され使用できるようになりました。現在の社長さんは、創業者のお孫さんでクロイッツアーさんです。

手術の必要性

下肢の静脈瘤が、非常に気になるとき:全体の患者さんの10%くらいですが、男女差年齢差は無く、男性でも女性でも年齢にかかわらず気になるものです。逆に、静脈瘤の進行が非常にゆっくりであるため、症状に気が付いていない方も多いです。足のだるさや腫脹疼痛、夜間のこむら返りを言われる方は全体の80%を占めます。静脈血の逆流も多くなって、下肢の筋肉が腫れるためこのような症状が出ます。静脈血のうっ滞が多くなり症状が出ているため、静脈瘤の治療が必要です。

手術による痛みは、こむらがえり1回分より軽いでしょう。手術を行えば、このような症状も消失します。高齢の方ほど、下肢の筋力が弱くなっており、症状の強くなります。手術侵襲は小さく、年齢によって手術方法も選べるため高齢の方ほど手術を考えるのがよいと考えています。現在の外来手術の最高齢は95歳です。

静脈瘤を放置していると、静脈瘤が徐々に大きくなり症状も強くなり、皮膚症状が出てきます。受診患者さんの25%にみられ、下腿の静脈炎により痛みをともなったり、皮膚炎、色素沈着がおこる場合があります。また、1~2%に、下腿の皮膚潰瘍を併発しています。これらの皮膚症状が、静脈瘤が原因でおこっている場合は、手術をしないと治りません。逆に手術をすれは、よく治ります(下腿潰瘍の治癒率は100%でした)。皮膚症状を 伴った下肢静脈瘤の方は、必ず手術等の治療を受けて下さい。

麻酔の方法

局所麻酔を丁寧に行っていきます。ほとんどの患者さんは、これで可能ですが、いたみの閾値には個人差がありますので、痛いときには、ブロック注射や弱い鎮静剤の点滴での使用を追加する場合があります。

術後すぐに帰宅可能ですが、ご希望の方は、少し休憩されてもかまいません。

手術自体の危険性

静脈瘤の手術は、皮下の比較的浅い部分のみの手術であり、安全な手術です。手術合併症には、10%静脈脈炎がありますが、しばらくすると治ります。これは、静脈内にたまった血液がかたまり血栓をつくることにより、炎症がおこり、発赤と痛みを伴います。静脈瘤が無くなるときに起こることが多く、ほとんどの方が、そのままにしていると、術後1~2週間で痛みが無くなり治ります。痛い場合は鎮痛剤を処方しますので、言って下さい。

これ以外に、皮下出血あり、内股の広い範囲に内出血を起こす事が有りますが、2週間で消失します。まれに、感染、下腿の皮膚感覚の低下をきたすことがありますが、ほとんどの場合、時間が経てば、軽快もしくは消失します。

下肢静脈瘤の予後

静脈瘤の原因のうち、加齢による要素が高いため、どの治療法を選択してもある程度の静脈瘤の再発があります。これは、治療した静脈瘤はなくなっていますので、その部分に再発しているのではなく、別のところに新たにできた静脈瘤です。静脈抜去術では10年、静脈結紮術では5~7年で再発することがあります。仮に静脈瘤が再発しても、下肢のだるさやこむら返りがすぐに再発するわけではありません。再発しても、静脈結紮術・硬化療法などで、外来通院で治療することができます。

通常は発生しないが起こりうる重大な合併症

当クリニックでは起こっていませんが、通常は発生しないが起こりうる重大な合併症には、深部静脈血栓症(エコノミー症候群)があります。発生頻度は1000人に1人程度といわれています。下肢の全体にわたる腫脹と疼痛があります。原因は、飛行機の中で長時間座っているなど、長時間足を動かさないために、下肢の深いところを流れている静脈が、血栓で閉塞するためにおこります。

手術後、傷のため安静にしがちですが、予防のため、なるべく足を動かすため、普段どおりの生活をこころがけてください。弾力ストッキングも予防のため着用してください。下肢の腫脹と疼痛、息苦しさ等の症状が出現すれば、すぐに当院にご連絡いただくか、すぐに来院してください。